カテゴリ: リクエスト

今回はリクエスト案件である。対応がだいぶ遅れてしまったが、以下の記事についたコメントである。


【キモヲタのステレオタイプみたいなイラストとイケメンのイラストが並んでてそれぞれ「自民党支持者」「民主党支持者」って説明が入ってる画像の出所も知りたい】

これは結構有名かもしれないだろう。自分もそれらの画像には見覚えがある。

 オタク1
オタク2
オタク3
オタク4
オタク5
オタク6

これらがどこから来たかは確かに気になるので、調べてみよう

 

有名なキモオタネトウヨの画像の出自は、2009年の2ちゃんねるニュース速報板およびニュース速報+板の書き込みである

 

調べるにあたっては、絵の一部にあった"ネット世論の作られ方とそれを真に受ける総理"という文字を検索で打ち込んでみると、以下のサイトを発見した。


そこには「【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)」というまとめサイトのリンクが貼られていた。元URLは既にリンク切れとなっていたが、例によってwebarchivesを使えば当時の足跡を知ることができた。

そこでは「キモオタネトウヨの画像が最初に投稿されたスレッド」がまとめられていた。まとめサイトだけではやはり情報が心もとないので元のスレッドを調べようとしたが、このまとめサイトは元スレのURLを記載しないという形式だったので、必死チェッカーから投稿者に該当するIDをしらみつぶしに探すなどしてスレを見つけることにした。

以下、発見したスレッドとまとめサイトのURLについて両方を掲載することにする。というのも、元スレにおいては既に画像は404となり見られなくなっているので、一応、痕跡を紹介するという意味である。

必死チェッカーでIDが見つかった際にはそれも掲載しておくことにした。それで見つけられなければ、IDを直接グーグルで検索して元スレを探すという手段を取った。


+民Δ】+民「フシアナしない奴は民主の工作員!絶対に流されるなよ」 +でリモホ晒し祭り中

https://tsushima.5ch.net/test/read.cgi/news/1250658648/

ここ最近、政治関連スレで出回っている“ネトウヨの実態”の画像

https://web.archive.org/web/20100523231157/http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52008766.html

 

86 チューリップ(山陽)2009/08/19() 14:17:34.09 ID:FlSGuOX7

http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20090813163317.jpg

http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20090813212908.jpg

http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20090817032556.jpg

http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20090819024530.jpg

ネトウヨの実態

 

93 ミヤマヨメナ(大阪府)2009/08/19() 14:18:05.38 ID:WVhYL9Gb

>>86 ワロタww

112 ボロニア・ピンナタ(愛知県)2009/08/19() 14:18:58.51 ID:rUyCfRTG

>>86 どっちもキモいってことでFA

113 ヘビイチゴ(catv?)2009/08/19() 14:18:59.53 ID:mKRCAMCd

>>86 この作者は京アニに恨みでもあんのかよ

 

http://hissi.org/read.php/news/20090819/RmxTR3VPWDc.html


【政治】 麻生首相 「金がねえなら結婚しない方がいい。稼ぎがないと尊敬されにくいんじゃないか」(音声あり)★62

https://tsushima.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1251293624/

“ネトウヨの実態” の新作が発表されました

https://web.archive.org/web/20090831133030/http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52014115.html

 

908 :名無しさん@十周年:2009/08/26() 23:52:45 ID:Z0QQcNEX0

ネトウヨの新しいやつ書きました

http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20090826235143.jpg

 

931 :名無しさん@十周年:2009/08/26() 23:54:20 ID:pn0AyDkZO

>>908 見ました。乙

934 :名無しさん@十周年:2009/08/26() 23:54:24 ID:kMsSKUMR0

>>908 本物きたああああw 正論イカスw


【政治】将来の消費税の増税あり得る 鳩山民主代表が連合で言及★5

https://tsushima.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1251904238

“ネトウヨの実態” の新作がまた発表されました

https://web.archive.org/web/20090905190130/http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52018821.html

 

22 :名無しさん@十周年:2009/09/03() 00:14:51 ID:bdNmDgMw0

民主政権の危険性を訴えるポスターができたおw おまえら、うっかり置き忘れたりするなよww

http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20090902214608.jpg

 

63 :名無しさん@十周年:2009/09/03() 00:20:09 ID:bV/7TNYh0

>>22 てか複数回線使ってるんだwすげー通信費になりそうだねw

194 :名無しさん@十周年:2009/09/03() 00:38:48 ID:rc9xZBuX0

>>22 誰がこれ作ってんの?ww 民主党支持者がイケメンとか書いてた画像は? 恥ずかしくなって貼れなくなったか?ww

291 :名無しさん@十周年:2009/09/03() 00:53:28 ID:rQWh9I4I0

>>22 絵柄が臭作臭いな・・・・・・エロゲーメーカーの人?


以上が、ネットで有名な「キモオタネトウヨの画像」の出自であったのである。

ちなみにこれを調べるにあたって「この絵を描いたのは小田嶋隆というライターである」と言われているが、本人がそれを否定しているという情報があるのも付け加えておく。

http://takoashi.air-nifty.com/diary/2009/07/post-4fa5.html

 

ちなみに当初の予定では、まとめサイトの方のスクショも画像として掲示しようと思ったが、画像ばかりになると見えづらくなると思ったのと、自分は画像編集が苦手であるということで、URLを貼って各自で見てもらおうということにした。すまない。

それにしても、元は一介の名無しさんの投稿がここまで拡散されるとは、いやはや、ネットというのはすごいものである。今更描いた本人が名乗り出るという可能性も少ないだろうし、その辺りは解き明かせないのは少々残念だが。

ポケットモンスター(シールド)をやっていたのでだいぶ遅れていたが更新である。今回はTwitterの方でリクエストをもらった「朝鮮進駐軍」について調べてみた。

 

朝鮮進駐軍とは何なのだろうか。

ネットで調べてみると、敗戦後の日本にて在日朝鮮人たちが徒党を組んで不法行為をしており、その際に自分たちを、当時日本を統治下においていてアメリカ合衆国の進駐軍になぞらえて自称していた…とか。

これらの真偽を調べるのは僕には難しいので、「インターネットで「朝鮮進駐軍」という名称が初めて出たのはいつ頃か?」を調べてみた。

Wikipediaにおいては、2005年に発行された「マンガ嫌韓流」にてその名前が知れ渡るようになったとされているが、それ以前にネットでこの単語が登場したのだろうか。

 

最初に結論を言ってみるとこんな感じであった。

  「朝鮮進駐軍」のネットでの初出は、2000年ごろに日本会議宮城県支部のサイトで「戦後を生きた老人の回顧」として投稿された書き込みだった。

  この書き込みが「大日本史番外編朝鮮の巻」というサイトで紹介されたことで拡散された。

 

今回の件を調べるにあたって初めて見つけたのが、「大日本史番外編朝鮮の巻」という名前のサイトである。

https://web.archive.org/web/20010413173107/http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/

ぢぢ様1
ぢぢ様2

現在はサービスが終了したジオシティーズにて運営されていたテキストサイトである。内容はというと、2000年のハングル板にて投稿を続けていた「ぢぢ」というハンドルネームのユーザーの書き込みを纏めたものである。「ぢぢ」は終戦後の日本での在日朝鮮人について詳しいという触れ込みで複数の情報を投稿しており、当時のハングル板では有名だったらしく、「ぢぢ様」と様付けまでされていた。老人口調の書き込みも人気の1つだったらしい。

僕は最近まで知らなかったが、ネットでこの名前を調べると割と知っている人が多かったようだ。このサイトはどうもネット史について調べるうえでは割と重要な存在であるとは分かったが、そこまでやる時間はないので「朝鮮進駐軍」に絞って調べてみた。

 

ここまで書いては見たが、実は朝鮮進駐軍という言葉は「ぢぢ様」本人の書き込みではない。彼が情報ソースとしている資料の中の言葉であった。

三国人の不法行為

https://web.archive.org/web/20010413173600/http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/sangokuzin.htm

様々な書籍を元に朝鮮人はこんなにも…と言っているのであるが、その中に「朝鮮進駐軍」の文字があった。

情報源は「日本会議宮城県支部HP」というサイトの掲示板の書き込みだった。書き込み主のハンドルネームは「北斗星」であった。

https://web.archive.org/web/20010420204457/http://www.nipponkaigi.net/goiken/main.html

彼の書き込みは20007月に、故郷の城東葛飾にて70代の地方議員から聞いた回顧」という物であるらしい。書き込みの中から、最初と最後の部分と「朝鮮進駐軍」の名称が出た部分をピックアップしてみた。


終戦後の第三國人どもは本當に酷かった 軍の兵器を盗んで來たらしく、三八式歩兵銃や南部式拳銃で武装し、小銃には着剣して強盗強姦傷害恐喝脅迫不動産窃盗、時には殺人まで、経済犯、實力犯を中心にあらゆる悪事を重ねてゐた

銀座、浅草、新宿は朝鮮人、新橋、澁谷は臺湾人に支配され、政府も警察も動揺し、手を拱いてゐた 戦勝國民は治外法権だったのである

だから食管法に限らず、戦勝國民には日本法を適用出來なかった 服部時計店や白木屋も米軍の酒歩(PX)に接収され、其処へ行けば食料に限らず物資は山ほど有った。日本人は買へなかったが。

斯うした情勢に便乗し、朝鮮人は戦勝國民だの「朝鮮進駐軍」を僭称して堂々と闇商賣を行ひ、派手に稼いでゐた そりゃ儲かるだらう 取締を横目に犯罪のし放題 警察の検問を竹槍日本刀を振り回して強行突破したのだから(流石に銃撃戦は挑まなかった模様)

〈略〉

翁が軽井澤の静養先から帰京しやうとして信越本線の汽車に乗って居たら、例の「朝鮮進駐軍」が後から大勢、切符も買はず、鐵道員を突き飛ばし押入って來て、俺達は戦勝國民だ、おまへら被支配者の敗戦國民が座って支配者様を立たせるとは生意氣だ、此車両は朝鮮進駐軍が接収するから全員立って他の車両へ移動しろ、愚図愚図するな! と追ひ立てた

〈略〉

話を戻します 終戦直後、在日朝鮮人は「朝鮮進駐軍」と自称し、勝手に腕章を付けて町で占領軍人として支那兵並に暴れ回りましたから、怒った本物の占領軍によって禁止されました

〈略〉

近頃の報道人は歳も若く、當時の経緯や語感が全然判らないのだらう 知合ひの報道人幾人かに電話して、テレヴィにでも新聞にでも出て歴史の眞實を話して進ぜやう、と申入れたら皆、検討させて下さい、と逃げてしまった 眞面 目に報道する氣は無いのかの

貴公、パソコン通信を遣ってなさるさうぢゃが、インターネットとやらは随分と情報を發信出來て、幾百萬の人が見ると聞く 一つ満天下の正義の為に、今の話を發信して下さらんか


この掲示板はwebarchivesでも2001年の魚拓が確認されていることから、最近作られてたものではないだろう。ただ、大本となる日本会議宮城県支部のサイトに関してはだいぶ前に無くなってしまったのかどうしても所在をつかむことはできなかった。

とりあえず、自分が確認できた中では、これが「朝鮮進駐軍」がインターネットで書き込まれた最古の記録である。この掲示板の書き込みがネトウヨ系の人気サイトで取り上げられ、多くの人の目に留まることになった… という感じであったようだ。

今回はブログが始まって初めての、リクエストに応えた記事作成をしてみた。

【「上級国民」という言葉について改めて調べてみる】の記事コメント欄に、「おこい」というハンドルネームの読者さんから送られた以下のコメントだ。

 

こちらのサイトにかなり助かってます 「天皇は制度ではない」「天皇制という言葉は誤り」の言説について調べていただくことは出来ますでしょうか

 

…はて、そんな言説については今回初めて知ったのだが、本当にそんなのがあるのだろうか、と思って調べたら、ありました。

 

古屋哲夫の足跡

http://www.furuyatetuo.com/index.htm

近代化過程と天皇制

http://www.furuyatetuo.com/bunken/b/57_tennousei.html

遡れる中で最も古そうなサイトを調べるとこれであった。「古屋哲夫(1931~2006)」というのは、かつて京都大学にて人文学部教授の立場にいた人らしい。

「近代化過程と天皇制」というのは、1985年に日本評論社という出版社にて、法学セミナー増刊・総合特集シリーズ29で発行された「これからの天皇制」という書籍にて、古屋氏が書いた部分であるらしい。この書籍は論文の種類となっているらしくCiNiiというサイトでも項目があった。サイトはこの内容を紹介したものなっていた。

https://ci.nii.ac.jp/ncid/BN03486301

 

この中に、「天皇制という言葉を使うべきではない」理由はこのように語られていた。

なんでも「天皇制」という言葉を最初に使ったのは「32テーゼ」という物だとか。

32テーゼ」は初めて聞いたが、調べてみると1932年にコミンテルンという組織から発行された「日本における情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ」という物の通称らしく、本当は「32年テーゼ」という略称の方が多いらしい。「テーゼ」なんて言葉はエヴァンゲリオンのオープニングの曲名くらいでしか聞いたこと無かったが、「政治運動の方針をまとめた方針書」とかの意味のドイツ語だ。

 

サイトでは、「32テーゼでは、天皇に関する権威のあれこれはブルジョア階級の権力と通じるところがあり、共産主義者にとっては打倒するべきものの1つであるとされている。そこで、天皇に関わる法律や権利などを総合して呼ぶ言葉として「天皇制」という呼び方を作った」…という感じで紹介されている。

つまり、「「天皇制」という言葉は、共産主義者が打倒天皇の目的達成のため、天皇に関するものを総合して呼ぶ目的で作ったものである。だから、この言葉を使うのはよくない」という感じであった。

 

リクエストを受けるのは初めてでありあまり深くは掘れなかったが、おこいさん、こんな感じでよろしかったでしょうか。

↑このページのトップヘ