ざっくり
ハン
J速報というサイトは僕の行きつけのサイトの1つであるが、ここでは政治ネタのほかにも時々アニメ漫画のネタを取り扱うことがある。これを見習って、僕もそういうのを作ってみようと考えたのだ。

今回紹介するのは、「けものフレンズ」についてである。

一時期は、1期アニメの監督であった「たつき」が降板したことはかなりの騒ぎになった。たつき監督を評価しているという人たちの暴れようは、かの「余命三年時事日記」の読者たちにも匹敵するのではと言われ、ハンJ速報でもそれが紹介されたことがある。

 

降板の理由については諸説あるのだが、何故か「キャラクターデザインなどを担当した吉崎観音氏が、たつき監督の才能に嫉妬したからだ」なんていう、根も葉もない噂がある。しかも、未だにこれを信じている人がけっこういるのだ。

いったい誰がそんなことを言ったのか、調べてみた。

 

ネットを探してみると、これを最初に告げたニュースサイトを見つけたのだ。

けものフレンズ監督降板騒動「功労者をのけものにする」KADOKAWAの企業体質

http://dailynewsonline.jp/article/1359354/

報道したのは「デイリーニュースオンライン」というサイト、掲載されたのは2017928日だから、降板を告げて3日後の記事である。

そこでの記述の一部を抜き出してみよう。


●「そもそも、たつき監督が外れた理由は、彼が本当に思い詰めてこれ以上作品を自分が手がけることができなくなったと漏らしていた6月ぐらいからずっと燻っていました。我慢をしていたのですよ。それが、8月上旬にある事件をきっかけにすべてが壊れる方向に進んでしまった」と実態を知るメディア関係者は言う

●そのある事件とは「『けものフレンズ』のキャラクターデザインや原作原案者扱いであった吉崎観音さんが『もうたつき監督には外れてほしい』と会議の席で明言してしまったのです」とはメディア関係者

事情に詳しいクリエイターは吉崎氏についてこう語る。

「吉崎さんは優れたクリエイターですし、何かを作り上げる力はとても強いのですが、自分が中心になって制作が進まないと気に入らない部分があり、ヤオヨロズのようにアニメファンにも刺さるような会社が独自のプロモーションを始めるとイライラする部分はあるのではないでしょうか」

前出の制作関係者も「KADOKAWAの担当者が吉崎さんの嫉妬をコントロールできず、逆に吉崎さんにIP(けものフレンズ)のコントロールをさせようとして肩を持った結果、実力のあるヤオヨロズを外さざるを得なくなったんです」という。


赤文字で強調している部分を見ればわかると思うが、これらの証言をしている人たちは「関係者」や「詳しい人」といった感じで、具体的なことが全く書かれていない。こんな怪しい物を信じるのは、ネット用語でいうところの「情弱」といった感じなのだろうか。

だがしかし、それでもたくさんの人が信じているのである。かの余命三年時事日記も、実態の分からない投稿者の出す不明瞭な情報を多くの人が信じ込んでしまった。どうしてこんなものを信じることができるのか、僕にはわからないのである。というより、これは明らかに吉崎観音氏に対しての名誉棄損でしかないので、デイリーニュースオンラインを訴えるのがベストな選択ではなかっただろうか。そういった強硬姿勢をとらなかったせいで、つけあがる人ができてしまうのである。

 

ちなみに、この件についてはカドカワの株主総会で実際にカドカワの方に話をした株主のレポートも存在しているようだ。これを見るといろいろ参考になるかもしれない。

スズキオンライン:カドカワ株主総会2019レポ|井上伸一郎・新代表取締役「日本のアニメ会社の成長をサポートしていきたい」

https://michsuzuki.hatenablog.com/entry/2019/06/20/052613

 

そもそも、肝心のたつき監督はインタビューなどにもほとんど答えず、騒動があった時も彼に直接聞こうとする者はだれ一人としていなかったのは疑問である。それと、彼の最近のアニメ制作事情などを見ても、正直言ってたつき監督はそこまで優れたアニメ監督であるとは到底言えないという感想なのだが。安倍総理も無能なのにたくさんの心棒者がいるのと同じだろうか。