自分は年末年始の物事にあまり興味はない。自分にとっては休日か平日かが重要だし、年が変わっても元号が変わっても何かが大きく変わるわけでもない…と無粋なことを考えてしまうが、ブログは営業中である。

 

ネトウヨの間で「プロテスティア」という自称が流行し始めている?

 

今回注目したのは『ハンJ速報』の年末企画のコメント欄で発見した興味深い単語である。


コメント欄2番を投稿したのは自分なのだが、それに対して付いた返信が興味深かった。

Twitterにて、ネトウヨたちが自分たちのことを【プロテスティア】と自称し始めている」という物だ。プロテスティアとは初めて聞く言葉だ。

Twitterで検索をかけてみると、確かにそのように名乗っている人をいくつか見つけてきた。

プロテスティア

「プロテスタント」という言葉は社会科の授業で聞いたことのある人も多いだろう。キリスト教にて宗教改革を謳ったルターが言い出したとされる。プロテスタント(Protestant)とは抗議(protest)をする者という意味だそうだが、ネトウヨ達はそのまま使わずに独自の言い回しをしているようだ。

 

その起源を探ってみると、20191213日にそれを見つけた。発掘所というにはかなり最近の物事に見えるが、歴史に埋もれないうちに現場保存しておくという意味で特集してみるのである。

言い出したのは【南京渋多 @subutanon】というアカウントであるようだ。



#倉山満 氏の著作を読ませて頂いて、耶蘇教の【プロテスタント】が【抗議する者】の意味であることが書かれてました。ネトウヨと呼ばれる方が他の多くがメディアやアカデミックなど権威を盾に【虚偽】を声高に主張してきた人々に対する【抗議する者】であることに気が付いた。#プロテスティア 午後1:05 · 20191213




https://twitter.com/subutanon/status/1205338320663744513

#ネトウヨ とレッテルを貼られた方々の多くがメディアやアカデミックなど権威を盾に【虚偽】を声高に主張してきた人々に対する【抗議する者】であることに気が付いた。我々は自身らの事を #プロテスティア (抗議する者)と名告るべきではないであろうか。 午後1:07 · 20191213



https://twitter.com/subutanon/status/1205338975528898560

保守とか右左とか今まで、どの系統には居るのか当方は分かり得なかったが、アカデミックなどの権威やメディアに対する【反論・抗議】をしていることに気が付いた。これからは当方は、プロテスティア(抗議する者)と名告ることにする。 午後1:09 · 20191213


彼はこのツイートの後、複数の同士のアカウントに「あなたもプロテスティアの仲間です」と呼びかけ、それに呼応するように多くのアカウントが同じくそれを名乗るようになった。

上記のツイートについては、削除などで消えることへの懸念や現場保存ということで魚拓も探してみた、けっこう有名なツイートであったためかウェブアーカイブスで既にあるのであった。

http://web.archive.org/web/20191213093646/https://twitter.com/subutanon/status/1205337948608057344

http://web.archive.org/web/20191214155134/https:/twitter.com/subutanon/status/1205338320663744513

http://web.archive.org/web/20191214140121/https://twitter.com/subutanon/status/1205338975528898560

 

この「プロテスティア」という言葉は果たして、令和の時代において流行るのであろうか。「パヨク」という言葉も元をたどると5ちゃんねるの誰かが書き込んだものがここまで広がったわけである。今後に目が離せない。

 

遅れましたが、あけましておめでとうございます。