2020年05月

最近はもう中々ネタが思い浮かばない日々が続く上に忙しいのだが、あんまり更新してないと読者などから見捨てられると思うので、たまには更新をしてみよう。

今回紹介するのは、「脱「愛国カルト」のススメ」というサイトを見ていて思いついたことである。

 

繰り返されるデマ:「在日63万人中46万人無職」「不正受給者の95%が在日」「安倍総理が強制送還に着手」etc...は全部嘘

僕はこのブログはかなり長いこと見ているのだが、なんだか見覚えのある記事だと思ったが、2014年にも同じことを書いていたのだ。

http://datsuaikokukarutonosusume.blog.jp/archives/1009118072.html

既に検証されて長いこと経ったものだと思ったが、いまだに語る人が絶えないと思うと、このブログはもっと広く知られるべきと思うばかりである。

さて、今回のテーマはこの「在日63万人のうち46万人無職」という数字は、いったいどこから発生したのか? を調べてみようという物である。

 

そんなわけで日付を遡って調べてみると、あるサイトにたどり着いたのです。記事が書かれたのは2004112日だ。

ma fragments:在日の無職率は高い?

http://rna.hatenadiary.jp/entry/20041102/p1

この記事では、在日韓国・朝鮮人の無職率が高いという数字に言及していたが、「無色というのは労働人口に含まれない老人や子供も入っている」という風に、桑原氏と同じようにその数字の使い方の誤りに言及をしていたのだ。なんと2014年どころか2004年時点で既に論破されていたデマであったのか…。

その他には、以下のような記事も書いていたようだった。

在日の生活保護の受給率は高い?

http://rna.hatenadiary.jp/entry/20041101/p2

こちらでも、在日韓国・朝鮮人が不正受給を大量にしているという論説への反論をしていたのだった。

 

注目すべきは後者の記事であり、ここでは、いったいどこからそのような噂が流れていたのか、その根源についても紹介していたのだった。ここからリンクをたどっていくと、ここに行きついたのである。

在日の就業と生活保護の統計を見る

https://web.archive.org/web/20030922221931/http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/2487/log01.html

これは、当時(2003)2ちゃんねるハングル板にて立てられたスレッドの、geocitiesでの過去ログであった。ハンJ入植よりずっと前のハングル板であるが、それでは書きこみを見てみよう。スレッドを作ったのは、「tenpura 9DUMAIu01k」というハンドルネームを名乗るユーザーであった。調べてみたら、この人はかつてのハングル板では有名なコテハンであったらしい。


1 名前:tenpura 9DUMAIu01k 03/09/16 03:36 ID:jo9LezI3

在日は日本国内での就業率はいかほどなのか。どれだけが生活保護を受けているかを調べてみました。

■データのサイト■

民団の統計のページ

http://mindan.org/toukei.php

厚生労働省ホームページ

http://www.mhlw.go.jp/

データの内容は>>2以下

2 名前:tenpura 9DUMAIu01k 03/09/16 03:36 ID:jo9LezI3

■結果■

●就職状況(民団サイトより)

        引受数    男     女

有職者合計 173,008  136,127   36,881

無職    462,611  168,594  294,017

------------------------------------

総数    636,548  305,432  331,116

●年齢別データ(民団サイトより)

20歳以下    64,168

20-60歳   . 454,614

60歳以上   114,653

40歳以上の女性および50歳以上の男性(計約16万)を除くという乱暴な計算で就業可能年齢の人数を求めると、約30万。

就業適齢者 30 / 有職者     17

●生活保護人員数  (厚生統計要覧13年度)

日本人          1,148,088

日本国籍を有しない外国人 421,651

12 名前:tenpura 9DUMAIu01k 03/09/16 03:55 ID:jo9LezI3

基礎データ追加

http://人種差別撤廃条約第1回・第2回定期報告(仮訳)

www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/jinkenlibraly/treaty/race/report-1st2nd/gov-report/contents.html

数字は出ていませんが、基礎資料。


以下のような感じで、在日韓国人に関するデマを彼は書き込み続けていたのである。他の人を書き込みを見ても「初めて知った」という書き込みが多くされていたことから、噂の根源はここなのであろう。他にもいろいろ調べてみたが、やはりこの過去ログを根拠にしている所ばかりであった。

しかし、2003年に出たデータを未だに使い古しているせいか、在日63万人と無職46万人という数字が変わることなく現在も使われているみたいである。それに根源となった際とは現在アーカイブスを使わないと見れないのに、噂の根源を記載することもなく10年以上も前のデマがいまだに語り継がれているというのはとても奇妙なことであるが。

最近は忙しかったりネタが思い浮かばなかったりで更新を長いことサボっていたことは申し訳ない。

今回紹介するのは、Twitterではかなり有名であろうネトウヨ「黒瀬深」という物について調べてきたことである。

彼のTwitterのプロフィールには、運営をしているブログをのURLが書かれている。

東京中野書房

http://kumakuma30.hatenablog.com/

今回は、ウェブアーカイブスを使用して、ブログの過去の姿を見てみようという試みである。謎に包まれた彼の経歴についてを調べる手掛かりになるのだろうか。

 

まずは、アーカイブを調べられる中で最も古い形態から。

暇潰しに読めるブログ。

https://web.archive.org/web/20170603054426/http://kumakuma30.hatenablog.com/

この時点での、このページから直接読める記事としてはこんなものがあった。


脳科学(神経科学)のおすすめ本、厳選6冊。

夏に向け最速で細マッチョになる方法!厳選筋トレ3つ!

海外旅行の意外な必需品や超便利グッズ10選。バックパッカーにもおすすめ。


海外旅行が云々についての記事では、こんな記述もあったりした。

「私は海外旅行が趣味で、東南アジアなどに数週間~1ヶ月ほど行ったりします(最近はなかなか行けてないので行きたくてウズウズ)」 本当かどうかは良くわからないが。

それにしても細マッチョになれる筋トレ指南とはなんだ、黒瀬のように年がら年中ツイッターに張り付いているような人はダンベルを何キロ持てるのだろうか。記事を書いている本人はかなりの不健康体系になってそうなものだが。

 

また当時の記事の中でも、上記のほかで気になった物はこれである。

構造主義とは何か、深くてわかりやすい良書「寝ながら学べる構造主義」。

https://web.archive.org/web/20170709180727/http://kumakuma30.hatenablog.com/entry/2017/05/18/205118

「寝ながら学べる構造主義」というのは、内田樹という人が書いた本であるのだが…自分はこの著者に見覚えがあった。というのも、Twitterでいろいろ調べていたら、この人は主に反ネトウヨ的なツイートをすることでも有名なのである。そういう人が書いた本をよりにもよって現代ネトウヨを大きく扇動している人が紹介していたとは…。

 

少し時代を下って、2018年はどうなっているだろうか。

知ると世界が変わった大全

https://web.archive.org/web/20180308030810/http://kumakuma30.hatenablog.com/

いつの間にやらブログ名が変わっていた。


ワイン初心者におすすめ、一本1000円で本格的なワインを楽しむ裏技。

肩こりは超簡単に治せる!肩甲骨はがしのわかりやすいやり方3選!

花粉症が完治したので、やった対策法(食べ物、グッズなど)を紹介するよ!


この時期は妙に健康法を紹介するような記事が多い傾向があった。

 

そして2018年の終わり後を見てみると

家具屋監修、インテリアの価値観が変わるブログ。

https://web.archive.org/web/20181107171844/http://kumakuma30.hatenablog.com/


増えすぎた本がスッキリ!大容量の本棚おすすめ5選。

シンプルで超オシャレ!便利なデジタル置き時計おすすめ6選。

増えすぎた服がピッタリ!こんなに便利な収納ケース4選。


今度は家具などの情報を紹介するブログになっていた。

 

それから2019年の中頃を調べてみると

家具・インテリア大全

https://web.archive.org/web/20190531081221/http://kumakuma30.hatenablog.com/


めちゃくちゃ面白い!都市伝説・オカルトの本おすすめ5選!

最強の心理学!?進化心理学のおすすめ本5冊!

本多静六とは何をした人?おすすめの本3冊を紹介!


ブログ名は先述の家具についての物を少し変えた形態なのに、記事内容は本を紹介するのが主体になっていると、何だかチグハグな状態になっている時期である。

 

そして少し時間を置いて見てみると

Atrium.

https://web.archive.org/web/20190801111556/http://kumakuma30.hatenablog.com/


戦国時代で最強の軍師は誰!?最も頭が切れた知将・策士トップ5位!

Amazonで買える!おすすめの安い天然水・ミネラルウォーター11種類!

20019年最新】ゲーミングチェアのおすすめ10選。ランキング形式で紹介。


なんかもう、書いている記事の一貫性が見いだせなくなっている、それにしても20019年と誤植があるのは面白い。彼は18000年後の世界からやってきたのだろうか。

 

そして2020年の初め頃、ようやく現在のブログ名である「東京中野書房」に落ち着いた。

https://web.archive.org/web/20200307021551/http://kumakuma30.hatenablog.com/

この時期はほとんどが本を紹介するという現在のスタイルがほぼ確立しているのである。

 

こんな感じで黒瀬深の運営するブログは、何故か名前や取り扱っていた題材がコロコロと変わる、何とも不思議なブログであるということが分かったのだ。彼自身が、その経歴については戦中生まれだともかなり若いとも知らない、謎に包まれた存在であるのと同じだ。

ただ、彼はかなり読書をしているというのを昔から強調していたというのは理解できた。ネットに頼らずに読書により知識を深めるべきだといわれるこのご時世だが、黒瀬深はかなりの読者をしていたにも関わらずあのような歪んだ知識と思想を持つようなったというあたり、彼の存在は読書の大切さを訴える言論へのアンチテーゼというものなのだろうか。

↑このページのトップヘ