juujigun

「アベノセイダーズ」という言葉がどこから誕生したのか、それを説明してみよう。

安倍政権の数々の不祥事や失政については皆もよく知るところである。しかしそれでもまだ妄信的に応援している人がいるようで、彼らは「反対派は悪いことを全て安倍のせいにしている」ということで、この言葉を使っているようである。

今回は、この単語は誰が初めて使用したものなのかの紹介である。

 

初めて「アベノセイダーズ」の言葉がネット上に登場したのはTwitterにて、20151114日である。発言者は「エルコン@国語教室 @hidelcondorpasa」というハンドルネームを現在は使っている。


エルコン@国語教室 @hidelcondorpasa

https://twitter.com/hidelcondorpasa/status/665352822230093824

アベノセイダーズ勢力、笑いの種(^ω^)


初めて書き込まれたのはここで、当初は何の気なくいった言葉であるそうだが、予想以上に反響があったようで、後日にはハッシュタグにしていた。


https://twitter.com/hidelcondorpasa/status/665461584874102785

通知が沢山来ているなぁ、やっぱり反発するクソリプそろそろきたかと思いきや意外な結果。Cat氏がRTしてくれてました。有難うございます(´∇`) #アベノセイダーズ は個人的にブームです。

https://twitter.com/hidelcondorpasa/status/797655484123607040

もう、1年か。何でも安倍政権のせいにしたがる #アベノセイダーズ は相変わらずいるっちゃいるけど。この言葉を発した偶然、取り上げて貰えた人達に感謝(´∇`)


このような感じで、書いた本人もその拡散具合には驚いていたようである。

その後、フランスで同時多発テロ事件があった際も、安倍政権は当時から政治に問題があったため日本の今後を不安視する声が上がったのだが、これをネトウヨたちは「フランスのテロも安倍のせいにするのがアベノセイダーズだ」と揶揄していたのであった。

#アベノセイダーズ】フランスのテロにかこつけて安倍首相を叩く人たち


https://twitter.com/smith796000/status/666222101938896896

【流行語】新タグ #アベノセイダーズ ←うまい! - Togetterまとめ http://togetter.com/li/900417 @togetter_jp

さんから


ネトウヨ業界のデマ吐きでおなじみ上念司もこれに言及をしていたのである。

 

これが「アベノセイダーズ」という言葉の誕生の経緯である。記事が最近短くなっているのは、リクエストが最近はなかなか来ないのでほぼ思い付きで記事を作っているからである。衰退真っただ中だが、まあぼちぼち頑張っていこう。


今回は発掘作業ではないが、最近思っていることの感想をただ言うだけのものである。どうしても叫びたいことなのである。

 

未だに収束を見せないCOVID-19の騒動に関して、以下のようなトンデモ論を言い出す人が割といるのである。

「新型ウイルスは地球を汚し続けてきた人類への地球の怒りだ。騒動によって大気汚染は減り、動物が活発化しているじゃないか」というやつ。

呆れた物言いである。まさにカルト教団のそれであるが、割とこういっている人も少なくないのが現状である。

 

まずは、地球における生物の歴史という物をおさらいしてみよう。

そもそも地球には最初から酸素などがあったわけではない、というのは皆さんもご存じであろう。46億年前に誕生した地球の表面にはまだ生物はいなかった。

誕生から10億年後ほどに生まれたのは、「嫌気性生物」という物である。これは、生きる上で酸素を必要としない微生物たちであり、これが地球で最初の生物なのである。

ところが、それからさらに510億年ほどあと、光合成により酸素を発生させる生物が誕生したのである。いわゆる植物という物だ。これにより地球は酸素にあふれた星へとなったわけであるが…嫌気性生物は酸素を苦手としているため、酸素の無い深海といった場所へと追いやられることになったのである。

僕が大学でこの辺のことを習った時には「植物こそが地球で最初の環境破壊を行った生物である」という言い回しで教えてくれたことを覚えているのである。

もちろん、だからといって植物が悪者だなんて言うつもりはない、我々も植物が無ければ生きていけないからである。ただ、まるで植物は地球を代表するような物かといわれたら、上述のようなものであるということがある。

ちなみに自分が通っいてた大学では、授業をしてくれた教師の殆どは教科書で地球温暖化の話題が出るたび「二酸化炭素の排出が温暖化の主要因である説もあれば、実は違うのではないかという説もある」と話していたことも覚えている。これが今現在での科学業界での考え方なのだろうか。

 

それから、人類誕生以前も、地球では生物の絶滅というのは起こっていた…というのは言うまでもないだろう。恐竜は実際は絶滅したわけではなく、鳥へと進化したために大きなのは姿を消したというのは最近はよく知られたことではあるが、古代では何度も大量絶滅が起きていたのは結構知られていることではある。

大昔の海に生息していたアノマロカリスや三葉虫といった、人類誕生以前に存在したが現在では化石のみが確認されているなんてのは言うに及ばず、マンモスとかも、人類と同じ時代にはいたのだが、絶滅の主な要因は狩猟のし過ぎではなく気候変動であるというのが現在の有力な学説なのである。

人類の介入のあるなしに関わらず、生物の絶滅というのは起きるものである。

人類が登場してからは絶滅のペースが速くなっているという論調もあるが、正直疑わしい。というのも、人類誕生前にどのような生物が存在したかは、化石などのわずかな証拠などでした観測することはできず、化石が残らなかった生物に関してはそもそも観測すらされない。人類が科学技術を修得してからは、地球にどのような生物がいるのか、昔よりも観測がしやすくなっているだろう。これが人類誕生後の絶滅が多くなっているように見えるカラクリではないかと自分は考えているのである。

 

そんなわけで、自分は人類こそが地球へ害をなす存在という論調には反対なのである。地球の表面の状態は時代とともにどんどん移り変わっていき、その時その時に応じた対応を生物は求められているのである。「地球のあるべき姿」なんてものは無いのだ

今は今の時代に合った生き方が求められるので、自分ちが暮らしやすいためにも環境保全はしていこうというのが正しいとらえ方のはずである。

リクエストをせっかく貰ったのに、答えようとはしたが発掘に失敗すると何ともなく悲しい気持ちになるのである。

失敗を前置きしておけばショックが減るんじゃないかと勝手に考えているが、今回はこのリクエストについてである。


ところでリクエスト

天皇てか東京自体をファンタジー風「魔法結界都市」みたいに語ってるコピペあるけど、あれっていつ頃に作られたもんなのか知りたいっす


魔法結界都市とは珍しい言い方だが自分もそんなコピペは見覚えが無い。どんなものかと思って調べてみた。コピペを見つけることはできたのだが…。

 

かつて存在していた、様々なコピペをまとめていたサイト「アルファルファモザイク」という所で取り上げられていた辺りから、コピペを見つけることができた。サイト自体は閉鎖されているがアーカイブスより閲覧はできる。

https://web.archive.org/web/20080517145125/http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51289370.html


96 名無しさん@八周年 :2008/05/04() 18:56:00 ID:qEyn6Cc+0

世界的に有名なメガロポリスの中心に神聖不可侵の巨大な森がある。

その森にはその国の最高司祭が住んでいて、国民の安寧と安らぎを祈願している。

司祭は同時に世界最古の王家の末裔であり、世界で唯一の皇帝でもある。

伝説の3つの宝物は『神器』と呼ばれ、それぞれが霊的な古い聖所で固く守られ表にでることはない。

司祭の住む巨大都市そのものもその成立時において、何重にも念入りにある呪術者が守りを固めた人工魔法防御都市である。

空前の規模で、もはやこれほどの術を施された街は術の発祥の国にさえないのだ。

というファンタジーがこの国の21世紀のリアル。

120 名無しさん@八周年 :2008/05/04() 19:20:36 ID:YhDr03Tf0

>>96 なにそのラノベ設定・・・ってあれ?


確認できる中では、これが一番古い物であった。「魔法結界都市」というワードそのものは無かったが、おそらくリクエスト対象はこれのことだろう。他もいろいろと当たってみたが、「2008/05/04() 18:56:00」に投稿されたものが最初ということであるらしい。そして120番目にそれに反応する書き込みがあるというのも一致していた。

 

「名無しさん@八周年」というのは当時のニュース速報+板での名無しさんのことであり、そこで200854日にID:qEyn6Cc+0が書き込んだものが原初であるという所までは突き止めることはできたが、肝心の元スレッドはどうしても見つけられなかった。

コピペを紹介するところはあっても元スレッドを乗せるところは皆無であり、過去ログを漁ってもそれらしいものはどうしても発見できなかった。すでにスレッドが消えているのか、探し方が悪かったのかはわからないが、ここまで来て元ネタがどうしても見つからないというのも残念である。

ただ、誕生した日にちとIDをつかむことはできた。また何かよい検索方法などがあれば試してみるかもしれないが、期待はしないほうがいいだろう。

↑このページのトップヘ