ネトウヨに関するコピペの中で、このようなものに見覚えはないだろうか。

「日韓関係は現代においてとても重要なものである→何言ってんだ朝鮮人→以上、安倍総理が書いた書籍からの引用でした」というものである。

これだけではわからないかもしれないが、以下に見せる実物を見れば「あ、アレか」となるかもしれない。結構有名ではあるがコピペの元ネタを紹介しているところは少ないので、調べてみた。

 

コピペの元ネタはニュース速報+板であった。しかしこの板はホントこのブログでは目にすることが多い。ネトウヨの巣窟であるらしい。

コピペの中に登場するIDで必死チェッカーをかけると、以下の物が見つかったのである。

http://hissi.org/read.php/newsplus/20131124/S2czSmI0bS8w.html

この中で、該当するスレッドを発見できた。

 

【日中韓】安重根石碑で摩擦、韓国は菅官房長官の「犯罪者」発言に猛反発…消極的だった中国も設置前向きに転換、韓国と共同戦線★2 

https://uni.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1385172042/

中国と韓国で安重根(ハルビンにて伊藤博文を暗殺したことで知られている)の石碑を作ろうという話が持ち上がったことで、彼はテロリストなのか英雄なのかは未だに議論が絶えないということで問題になっていたらしい。

その2スレ目にて、突如現れた書き込みがこれである。


685 :名無しさん@13周年:2013/11/24() 10:14:01.29 ID:2vXaOsyf0

日韓両国はいまや一日一万人以上が往来しているという重要な関係にある。日本は長いあいだ、韓国から文化を吸収してきた歴史を持つ。その意味では、韓流ブームはけっして一時的な現象ではない。わたしは日韓関係については楽観的である。韓国と日本は、自由と民主主義、基本的人権と法の支配という価値を共有しているからだ。これはまさに日韓関係の基盤ではないだろうか。

686 :名無しさん@13周年:2013/11/24() 10:18:59.02 ID:Kg3Jb4m/0

>>685 と犯罪者マンセーのアフォな韓国人が申しております。 しかしホントに韓国って誇れるものが無いんだな 誇れるものは暗殺者と売春婦だけかよ

687 :名無しさん@13周年:2013/11/24() 10:19:59.66 ID:lHb2vSxf0

>>685 それを一方的に破壊しているのは韓国側なんだがなあ。自国内には都合の悪い情報を隠して報道しているから、「日本の歴史認識は!」などと主張する。

>>韓国と日本は、自由と民主主義、基本的人権と法の支配という価値を共有しているからだ。 日韓条約を無視した判決で賠償請求する韓国という国。残念ながら、法治国家ではないことが露呈したね。反日と言えば何でも許される国家は法治国家ではないということだよ。

690 :名無しさん@13周年:2013/11/24() 10:25:55.27 ID:2vXaOsyf0

以上、安倍晋三著『美しい国へ』(文春新書)P157からの抜粋でした。


これが、今回紹介しようと思っていたコピペである。これを見れば見覚えがあると感じる人もいるのではなかろうか。

この見事な釣りには多くの人が感心し、見事につられた2人は笑いものになったのだ。


696 :名無しさん@13周年:2013/11/24() 10:42:42.02 ID:dRajRDb60

>>686 安倍ちゃんって韓国人だったのか 韓国料理大好きなのもなっとくだわ

698 :名無しさん@13周年:2013/11/24() 10:46:32.26 ID:HlePYtqT0

信者なら教祖の本位読んどけよww

699 :名無しさん@13周年:2013/11/24() 10:48:49.23 ID:lD53IOsA0

>>686 ねえ今どんな気持ち? 死にたくなったら死んでもええんやで?

700 :名無しさん@13周年:2013/11/24() 10:50:46.48 ID:Bu4hNdRU0

>>686>>687 あーあ やっちまったなw どうすんの?教祖様に楯突いてしまった自責の念で、首相官邸に向かって白装束で切腹でもすんの? それとも安倍首相を韓国人認定して自分の精神の平穏を守るの?


685に対して返信していた一人はさらにレスをしていたが、恥の上塗り以外の何物でもなかった。


704 :名無しさん@13周年:2013/11/24() 10:55:22.53 ID:Kg3Jb4m/0

>>699 さあさあ、あなたもこんなところで暇つぶししてないで本国に帰って兵役につかなければいけないでしょ?韓国籍を持っていて兵役に就かない在日の男なんて最低だと半島本国人が言ってますよ

http://www.youtube.com/watch?v=tXjkYYSABGU

しっかり兵役を全うしたらそのまま彼の地で一生を終えてください。

705 :名無しさん@13周年:2013/11/24() 10:57:33.67 ID:aaNOvYgH0

>>704 顔真っ赤ですよ


その後、このコピペは嫌儲民に見つかったようである。

「焼き肉は韓国料理」 安部首相の唐突な宣言にネトウヨ怒りのお肉ビターンビターン

https://engawa.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1385254429/

先ほどのコピペが123番の所で書き込まれ、そのアホさが知れ渡ったことで多くの場所に拡散されたというわけである。

 

確かこれの天皇バージョン(韓国に親しみを感じる→何言ってんだ朝鮮人→これ天皇陛下が書いた書籍の引用やぞ)もあった気がするが、全文が思い出せない。思い出せたらまた記事を作ろうかな。

アニメやゲーム好きを自称しているものの「鬼滅の刃」や「あつまれどうぶつの森」などの新しい流行に完全に取り残されているのが自分である。いつかは見たりするのがいいのかな…とか思いながらも、ブログは更新である。

 

インターネットで政治について調べてみると「冷笑系」という言葉を見かけるかもしれない。熱く詳しく語ったり学ぶことをばからしいと軽視し、達観したような感じで見下す人をそのように言うことがある。

「冷笑家」という言葉は辞書にもあるようだが「冷笑系」の言葉はそれに比べると歴史は浅いようである、いったい誰が使い始めたのか? をさがしてみたのが今回のテーマである。

 

「冷笑系」という言葉は、2006年に亀井淳というジャーナリストが、週刊新潮などの週刊誌を揶揄するために生み出した

 

亀井 淳(かめい じゅん)(19352009)という人は、週刊新潮の編集部次長を務めたのちフリージャーナリストとなった経歴を持っていた人らしい。「冷笑系」で調べてみると、この人の発言がさかのぼれる中では最も古かった。

掲載されていたのは、以下のサイトのリンクをたどった先である。

マスコミ九条の会

http://www.masrescue9.jp/

複数のジャーナリストなどが政治に関する寄稿やイベントについて連絡するサイトであり、この中に、亀井氏のコラムへのリンクがある。

マガジンウォッチドッグス

http://www.masrescue9.jp/magazine/magazine.html

この記事から探していくことで、今回の話題となるコラムを見つけたのである。

 

憲法問題なんてない-「冷笑系」週刊誌の誕生

http://www.masrescue9.jp/magazine/kamei/back_no/kamei4.html

2006515日に書かれたものである。様々な週刊誌が憲法をどう扱ってきたか、についての報告を頼まれ、分析した結果を述べているというものだ。

亀井氏は、週刊新潮の創刊号の記事から2つを抜き出して振り返り、このような感じで語っているのであった。


・「不思議な憲法改正反対論」

195511月に保守合同が成立して「自由民主党」が生まれ(いわゆる55年体制)、改憲を標榜する第3次鳩山一郎内閣が発足している。その前には立川の米軍基地拡張をめぐって反対の学生らと警官隊が激突し、原水爆禁止を求める第1回の世界大会が開かれている。二つの大きな流れが鋭く対立する中で、学者らの護憲の動きを「不思議」と見くだし、「だけのこと」と多寡をくくっている。


・「いじらしい紀元節」

創刊号の発売日は211日に近く、「紀元節」復活の賛否が論議されていた(211日が「建国記念日」になるのはそれから11年後の1967年である)。杉並区は区教委の主催で「紀元節をしのぶ講演と映画の会」を予定し、神話映画『天の岩戸開き』などを上映する。中央では神社本庁、生長の家などが中心で日比谷公会堂に集まった後、警視庁、自衛隊の音楽隊を先頭にパレードをする。これには「週刊新潮」もいささかうんざりという気分をほのめかし、結びの部分は、「ことしの二月十一日は皮肉なことに土曜日、『紀元節』が復活していると、二日続きの休みになるところだった」と、サラリーマンの休日願望を紹介して「いじらしい」というタイトルに結びつけているのだ。


そして、これらから導き出した結論が以下である。


これが「冷笑系」週刊誌の原点だ。対立する論議にはけっして深く立ち入らず、高みの見物をしながらやりすごす、あるいは真剣な論調に水をかけるという編集態度をとり、それがやがて「無視」になったり、時に右スタンスからの無遠慮な罵声になったりする。するとそれが何となくカッコウがいいとか、垢抜けているなどと受け入れられて今日に至っている。


これが、自分が調べた中でも「冷笑系」という言葉が最初に使われたところである。

当時はまだTwitterなどのサービスも出来上がってない時期であったからか、この言葉も主に週刊誌の編集を指して言われていたものであったが、SNSの普及に伴い多くの人が政治に口を出すようになったことからか、一般の人々に対してもいつしか使われるようになっていったようである。

 

ところで冒頭で言った2つの作品は面白いんかな。自分は「おいでよどうぶつの森」はけっこう楽しんでプレイした記憶がある。漫画本は最近電子書籍すら買ってないな…お金などに余裕ができたら検討すべきか否か、悩んでます。

非公開

「戦闘メカ ザブングル」というロボットアニメは僕は以前から興味はあったが、dアニメストアという所で配信されたので見てみたらなかなか面白かった。見ていると新しいブログのネタを思いついたので更新だ。

この作品でのキーワードの1つは「三日の掟」というものだ。物語の舞台は荒廃した惑星であり司法もまともに機能はしていないということで、窃盗や殺人といったあらゆる犯罪行為について三日間逃げ切ることができれば免罪という不文律が常識となっているのだ。

そんな感じで、「三日どころか何か月も逃げ切りをしたネトウヨ達」というものがいるのでは?というのを思ったのが今回である。

 

Twitterで炎上した後非公開にしてダンマリを続けた後、忘れられたころに非公開を解除してツイートを続けているネトウヨがけっこういる。

 

ハンJ関連でツイートが炎上したことで有名になった人といえば「星空サラ」が上がるだろう。ネトウヨ動画削除祭りにて、動画削除は言論弾圧だと言おうとスクショをしたつもりが何故かパソコン画面の撮影をしたことで、ネカマバレして笑いものになったことで有名だ。覚えている人はいるだろうか。特定された後はTwitterを長いこと非公開にしていた。

星空サラ

今回見てみるのは、「idtwi」というサイトである。

https://idtwi.com/

このサイトは、Twitterでのユーザー名の変更履歴を調べることができるサービスである。これの検索欄に調べたい人のスクリーンネーム(@から続く文字列)を入れてチェックするのだ。

まずは星空サラのハゲ映り込み時点でのID@s22y17k17」を調べてみる。

https://idtwi.com/search/s22y17k17

検索には2人が引っかかった。1人は今現在この名前を使っている人だが、星空サラが名前を変えた後に名前を名乗った別の人である。そしてもう一人、過去に同じ名義を使っていた人が確認できるのだ。

https://idtwi.com/3401128752

それがこちらである。@s22y17k172018620日ごろまでは名乗っていたユーザーの情報である。時期からして間違いなく、これが星空サラの現在である。

https://twitter.com/sssji3125non

星空サラ2
これが今の姿である。名前は大きく変えており、主婦であるといったことは一切書かれていない。長いことツイッター非公開を続けていたが、いつの間にかそれを解除していたのだった。

 

次に調べてみるのは、「@Revive_S_M_F」のスクリーンネームである。この人は覚えている人はいるだろうか。



京都アニメーション放火事件の際「国立メディア芸術総合センターの設立を阻止して原画保存を拒んだ民主党政権の罪は重い」といった感じのツイートを行い、あちこちから叩かれて炎上した人である。現在は該当ツイートは削除している。

https://web.archive.org/web/20190720130852/https://twitter.com/Revive_S_M_F/status/1152279070668836865

ムララー
当時は「ムララー」と名乗っており、しばらくしたら「ムラなんちゅ」と名前を変えていたが、その後ツイートを非公開にしていたのだ。

https://idtwi.com/search/revive_s_m_f

検索で引っかかったのは1人だけ。つまりスクリーンネームの変更は特にせず非公開を解除しているのであった。現在は「怨念集合S村井」を名乗っているようだが。

https://twitter.com/Revive_S_M_F

 ムララー2


こんな感じで、Twitterで炎上してその時は非公開にして逃げていたが、炎上が沈下したころに鍵を解除し炎上個所を消して何事もなかったかのように再開しているという人は結構いるのである。読者の皆様の中にも、そういえばあのネトウヨ炎上した後に非公開にしてたなってのを思い出したら、今どうしているか調べてみるのもいいかもしれない。

↑このページのトップヘ